会話

コミュ障の改善・治し方

どうも、つのけんです。

自分がコミュ障か気になる方はこちらからどうぞ
コミュ障の原因・特徴

自分がコミュ障だとか、
コミュニケーションに自信が持てない人は
いると思います。

コミュ障を治したいけど、
じゃあどうすればいいの?

って思う人は多いと思います。

明日からコミュ障がすぐ治る魔法のような
テクニックは残念ながらありません。

どうしてもコミュ障を治そうとすれば
時間はかかってしまいます。

その中でも抵抗が少なくできる
改善方法を伝えていきます。

とにかく出会って話す

テクニックやノウハウをいかに知っていても
それを実践できなければ意味がありません。

テクニックやノウハウも始めから全て習得して
行うよりも、
実践を踏んで試行錯誤していったほうが
自分の欠点がより分かりやすいと思います。

場数を踏んでいかないと性格(コミュ障)を
治すのはかなり難しいです。

例えば、
同性なら余裕で話せるのに異性になると途端に
話せなる事とかありませんか?

それは、
異性と話すのに慣れていないから緊張してしまうのです。

異性と話すという経験が自分自身少ないため
そうゆう現象が起こってしまっているのです。

「異性と話すのは苦手」
「異性と話してても緊張して疲れる」

こうゆう考えになってしまうと
結局自分自身異性を避けてしまっているのです。

異性を避けてしまえば、
楽かもしれませんが、異性との会話力は向上せず
本当に好きな人が出来た時には
会話力は上がっていないため、
相手に楽しんでもらうのは難しいと思います。

そうならないためにも、
まずは場数(出会い)を増やしてくださいね。

相手に合わせる

相手に合わせることは非常に大切な事を覚えておいて下さい。

人は自分と似ている人に対して無意識に仲間意識を持ちます。

相手が落ち着いていたら、こちらも落ち着いて話し、
テンションが高ければ、こちらもテンション高めで話して下さい。

相手がテンション上がっていて、
こちらがテンション低めに話していると
相手が違和感を感じ、
相手の反応も悪くなってしまいます。

相手の特徴を意識してみるといいでしょう。

相手の表情や仕草・声の大きさなど
同じではなく少し寄せるイメージでいいと思います。

全く同じだと逆に不自然になってしまったり
するので。

相手が貴方と話していて、
楽しいと感じさせることがコミュ障改善の近道です。

相手に興味を持つ

多くの人が持っている欠点として
自分に焦点を当ててしまっているという事です。

「自分の話がつまらなかったからどうしよう」
「自分が嫌われたらどうしよう」

全部自分の事ばかり考えていませんか?

会話は相手がいて成立するもの。

相手にもっと興味を持つという事がとても
重要なことなのです。

「それ分かるわー」
「めっちゃいいね」

相手の興味があるものを感じて
それを褒めてあげて下さい。

自分の興味ある事に関心を持ってくれる、また褒めてくれると
相手は幸せを感じます。

話を聞いてくれる人に対して
嫌な気持ちになる人はいません。

相手の話に興味をもって、
褒めたり話を広げたりしましょう。

最後に

ここまで読んでいるという事は
コミュ障を治したいと本気で思っていると思います。

コミュ障をすぐ治すのは難しいですが、
行動しなければ、
コミュ障のままです。

出会いを増やしてコミュ障を治しましょう。

出会いの増やし方は
マッチングアプリを使えば
すぐに出会いを増やせますよ。