デート

デートをドタキャンされないために対策を知ろう!

どうも、つのけんです。

デートでドタキャンはされたくないですよね。

デートでドタキャンされてしまう人は
こちらを参考にしてください。
デートでドタキャンされるのには理由があった。

デートでドタキャンされないために
対策をしっかり知ってやれれば
ドタキャン率はグッと下がります。

ドタキャンを何度もされてしまう人は
前回の失敗に対してどういった対策をすれば
いいか分からないケースが多いです。

しっかりとした対策を打って
ドタキャン率を減らしましょう。

アポを1週間前までに入れる

女性は予定を入れないと安心できない傾向があります。
2~3日後にアポを入れようとしても、
「その日は空いていない」と言われてしまうことってありますよね。

逆にアポを延ばせば延ばすほどドタキャンの確率もグッと上がってしまいます。
女性があなたに興味があれば、
予定があってもその予定を変更してでも
あってくれると思います。

1週間以内のアポを意識してみましょう。

アポを取る時も、「土曜日は?」「じゃあ日曜日はどう?」などの
メッセージを続けすぎてしまうと
女性は面倒に感じてしまい、「この人暇だな」「必死だな」と
思われしまいます。

アポを取る時は電話の方がスムーズに決まるので
電話でやりましょう。

女性にがっついてるのを見透かされてはいけません。
女性を追うのではなく追いかけましょう。

アポまで長くなってしまった場合はたまに電話で連絡して
「ま近くなったら連絡するね」でもいいと思います。

やりがちなのがLINEでやりとりしすぎてしまい、
実際に会った時に会話が少なくなってしまったり、
LINEのやりとりのしすぎで
連絡が途絶えてしまうパターン。

相手の事が完璧に分かってしまうと興味は持ちません。
「この人はどんな人なんだろう?」と
興味を持たせることが一番の近道です。

デートプランが甘い

女性はデート自体を楽しみに思っていれば
デートをキャンセルすることはありません。

デート内容が「ご飯だけ」では味気ない感じがしますし、
それだけを提案されても退屈そうに感じますよね。

ご飯を食べたらそれ以降はその場の雰囲気で決めると
思っていても、
女性はスケジュールを埋めて安心するので
ある程度の方向性などは伝えておいて
安心感を与える様にしましょう。

その場でオッケーはしたものの
デートが近づくにつれ女性の不安は大きくなってしまいます。

ある程度「映画を見終わったら、素敵なお店があるから
そこでご飯食べよう」と具体的に
伝えておくことが必要です。

連絡はほどほどにとる

誘ってデートの約束ができたからといって安心してはいけません。
デートの約束が出来てはじめてスタートラインに立てるのです。

誘ったほうは安心しているかもしれませんが、
誘われた方は不安に感じている場合が多いです。

デートまでに頻繁に続いていた連絡もデートが
決まった途端なくなると女性は不安に感じてしまいます。

だからといって
メッセージの頻度を増やしてしまうと女性も面倒に
感じてしまうので
多すぎず、少なすぎず適度なメッセージの
やりとりの頻度を意識しましょう。

たくさんの人と連絡をとる

自分の悪い所はなかなか試行回数が
少ないと分からなかったりします。

色んな女性と連絡する事で
自分の悪い所が見えてきたり、
女性によっても
様々な性格の人がいるので
傾向や対策をどうすればいいか
分かるようになってきます。

モテる男性はいままでの場数が圧倒的に
モテない男性と違いますから
自然とモテる行動が出来ています。

モテない男性は経験が少ない傾向が
非常に多いです。

経験を積むのは非常に大切ですよ。

最後に

しっかり対策ができれば
ドタキャンされる心配が減り
楽しいデートの日をむかえられます。

急にすべてを実践していくのは
難しいかもしれませんので
自分のペースでやっていきましょう。