体験談

IT企業のインテリ女子とのデート

どうも、つのけんです。

何でも動き出さないと何も
始まりません。

女性と遊びたいなと思ったら
女性に会わないと女性とは
遊べませんし、自分で行動しないと
今までの自分を変えられないのです。

行動を起こす最初の一歩は確かに
不安ですし、
何が起こるか分かりません。

その最初の一歩が貴方を変える
大事な一歩になるかもしれないのです。

もし女性と遊びたいなと思っているなら
マッチングアプリでも
始めてみるといいかもしれませんよ。

そんなマッチングアプリで出会った女性との
話をしていきますね。

IT企業のインテリ女子とのデート

マッチングした女性は20代後半で
少し天然なところが可愛らしい女性でした。

マッチングアプリの最初のメッセージのコツどうも、つのけんです。 今回は、最初に送るメッセージのコツを 話していきたいと思います。 自分がいいなと思って マッチン...

例えば、
自分の中ではカルボナーラを頼んだつもりが
その時頼んだときははっきりと
ミートソーススパゲティ下さいって
言っていたりとか。

とにかく少し変わってる感じでした。

そんな感じの女性でしたが、
会話は普通に面白くて凄く居心地がよかったですね。

どんな話をしても凄い興味を持ってくれますし、
どんなことも一度はやってみたいって感じで
好奇心が旺盛でした。

基本的は女性の話を聞く側に徹していたのですが、
ついつい自分が話過ぎてしまったり
完全に乗せられてしまいました。

女性は基本的には話を聞いて欲しかったりしますから
相手に乗せられても
上手く切り替えして相手の話を中心にすすめるほうが
いいですね。

会話を面白くする方法どうも、つのけんです。 今回は、会話を面白くする方法について話していきたいと思います。 この話は絶対ウケるだろう、 かなり...

普段は8:2ぐらいで女性に話してもらうように
心掛けるのですが
感じとして6:4ぐらいで話しすぎたなと思いました。

話過ぎるとたまに自分のボロが最初に
出てしまったりするんですよね。

そうすると相手からの好印象を得られづらくなるので
そういった面も含めて
相手に話してもらう方がいいと思います。

カフェでまったりと話しながら
すぐに時間が過ぎてしまっていました。

それだけ自分でもかなり楽しい時間を過ごせて
いましたね。

趣味も少し変わっていてまさかの
スライムづくり。

夜な夜な洗濯ノリなどの材料を調合して
スライムを作って楽しんでいると
意外な趣味を話してくれました。

そんなことを言っていたので
「スライムづくり興味あるから
〇〇のおうちで一緒に作ろうよ」と打診。

快く快諾してくれて
実際にスライムを作りましたが
触感とかは結構気持ち良かったです。

ただ、自分で一人で作ろうと
思いませんでしたが(笑)。

終電も無くなってしまったので
最後はいつもの通り泊めてもらって
夜を楽しみました。

まとめ

・男性側が話し過ぎないように注意する
・家に行く場合は関係性を構築し、理由をつけて打診