会話

会話してても絶望的つまらないモテない男の特徴

どうも、つのけんです。

会話って人と接する上でとても大事ですよね。

ずっと無言で生活している人はいないですし、
自分の事も相手の事も話さないと、
内面は分かりません。

ただ、それだけ重要な会話が
絶望的につまらなく、
してしまっている人も中にはいるのも事実。

会話が絶望的につまらないと
女性がいくら寄ってきても、
すぐにどこかに行ってしまいます。

そんな事にならないように
絶望的につまらない人の特徴を話していくので
自分が同じことをやっていないか
チェックしてみて下さいね。

自分の事を話さない

女性と話す際は基本的に、
聞き手に回るのが良いです。

女性は話すのが好きですし、
共感も得れればとても幸せな気分になります。

しかし、全て女性が話すように
してはいけません。

会話は、2人以上いて成立するものなので
女性の方が話す比率として多くなるのは良いのですが、
女性10割男性0割では、
女性が気を使ってしまい逆に疲れてしまいます。

理想としては
女性7割男性3割
このぐらいの比率で話せるのがいいと思います。

ここで重要なのは、
3割話す中でも貴方の特徴が分かるような話をするのが
大事です。

例えば、
・趣味
・性格
・仕事
など貴方という人が分かりやすくなるような情報を与えて
あげないと
女性は「なんで自分の事話さないんだろう」「あやしい」
「何かやましいことでもあるのかな」
とかマイナスなイメージを持ちかねません。

自分の事も少しずつでいいので
伝えるようにしましょう。

自分の意見が言えない

例えば、
女性「どこのお店いく?」
男性「どこでもいいよ」

全く軸がなく、
女性も大変です。

女性自体が優柔不断な人が
多い傾向ですから、
こうゆう時は選択肢を絞ってあげたり、
意見をちゃんと言ってあげると
女性も安心します。

女性の意見を尊重してあげたいから
「なんでもいい」とかいってしまう気持ちも
分からなくはないですが、
それでは男性としていざという時に頼りにできません。

自分の意見をちゃんと言えるように
しておきましょうね。

表情が硬く掴みどころがない

喜怒哀楽がないと
楽しんでいるのか全然分かりません。

むしろ、表情が硬いと
「この人つまらないんだろうな」と
勝手に女性が思ってしまいます。

本当は男性自身楽しいと思っていても
表情が硬くては
その感情は伝わりません。

言動と表情はリンクさせるのが非常に大切です。

遊園地やデートをしていても、
表情が硬いと何を考えているのかよくわからないですし、
何が好きで何が嫌いなのかが把握できません。

表情を硬くせず自分の気持ちに
素直に表現すれば
いいのです。

時と場合はあるので
相手を怒らせたりしてはダメですよ。

相手が気を遣っているのに無自覚

相手が気を遣って、
会話を広げようとしていたりするのに
「そうだね」「特に無いかな」など
会話をとめてしまうような言動はよくありません。

相手が労力を使って話しているのに
そんな素っ気ない返しでは
相手も疲れてしまいます。

相手が気を遣って色々しているのを
察知して、
感謝の言葉を言えるような
人になるのがいいですよ。

最後に

会話は非常に難しいです。

明日から全て実践しようとしても、
中々うまくいかなかったりすると思います。

実践を踏まないとうまくできる様にもなりません。

実践を積み経験を増やして
自分のスキルを磨いていきましょう。