体験談

元看護師の会社員さんとのマッチング

どうも、つのけんです。

看護師さんと付き合うと様々な面でお得なことが多いです。

ボディタッチに抵抗がなかったり、
お酒・男性が好きだったり、夜勤があったりなど。

看護師さんの仕事って結構ハードで今回紹介する
女性みたいに
他の仕事に転職してしまう人もなかにはいるんですよね。

医療業界以外を知らないので
他の世界を知りたいって転職する人もいます。

今回、紹介する元看護師さんは
転職してまだ数ヶ月だったので
看護師っぽさがまだまだ残っていた印象でした。

早速話していきますね。

元看護師の会社員さんとのデートまで

私自身医療関係の仕事なので看護師さんとの
接触する機会もあるため
看護師さんがどんな仕事なのか
結構分かるつもりです。

ちなみに医者ではありません。

看護師さんの仕事が理解でき、さらに
看護師さんも私の仕事をある程度理解しているため
どうしても仕事の話になりやすいのが
デメリットに感じる事も多いです。

女性が話題に困ったら仕事の話を
し出してしまうからです。

仕事の話になると恋愛対象というよりは
同じ職場の同僚と遜色なくなってしまいかねません。

同業者とのマッチングで気をつけることは
同業の話ばかりをしないことです。

確かに話しの話題としては
楽なんですが、恋愛感情を抱きづらくなってしまうからです。

今回も結構女性のほうから
話の話題を振ってくれるのですが
仕事の話ばかりになってしまいなかなか
他の話ができません。

話の話題としては
価値観・恋愛トークを推奨します。

メッセージではほとんどが
仕事の話になってしまいましたが
雰囲気はよくて
無事LINEに移行出来ました。

LINEでは親密な関係や安心感を与えることが
難しいため
電話で話す事にしました。

女性は電話は話そうと思えば
長時間話してられますが
相手がもう少し話したいとおもうタイミングで
切るのがベストです。

電話の内容としては
最近いつ別れたのか?
アプリであった人はいるのか?
今まで付き合った人数など

恋愛トークをメインにして
恋愛モードに切り替えさせていきました。

デートでは
転職したてなので
「転職して新しい場所に飛び込むの勇気いるよね、
全員が出来る事じゃないから凄いよ」とか褒めたりしてました。

雰囲気も和やかに終わって
かなり女性のほうからのボディタッチが増えてましたね。

今回も色々なことがありましたが
いい体験でした。

まとめ

・恋愛対象にみられるため話の話題も恋愛トークを行う
・同業者の人と仕事の話ばかりにならないように注意
・ちゃんと相手を褒める