体験談

綺麗系OLさんとのデート

どうも、つのけんです。

色んな人達とデートして思うことは
やっぱり
デートは男性がリードしないと
上手くいきづらいです。

女性がまずガンガンリードしてくれるなんてことは
めったにないですし、
女性は基本結構受け身の人が多いです。

女性が基本受け身なのに
男性も受け身になってしまったら
デートがグダってしまい、
上手くいくものも上手くいきません。

基本は男性がリードするものだと
思って行動するのがいいと思います。

今回は、綺麗系OLさんとのデートを
話していきますね。

綺麗系OLさんとのデート

・20代後半
・趣味:旅行・カフェ巡り・漫画・読書
・おとなしくて、静かな感じ
・優柔不断

簡単にこんな感じでした。

メッセージのやりとりは
そんなに変なことを言ったりせず、
「旅行は最近どこいった」とか「彼氏はどのくらいいないの?」とか
そんなことを聞いたり、話たりしながら最初はしていました。

警戒心が強めな印象だったので
普段はLINEへの移行も多くても7~10ラリーぐらいで
打診して交換するのですが、
関係性も出来ていないと判断したため
アプリ内でのメッセージのラリーが少し多くなって
しまいましたね。

ここで注意してほしいのは
LINEへの移行は早いにこしたことはないですが、
状況をしっかり判断して焦らないことが一番重要です。

焦りとか急いでいるとか思われると
「余裕がない男性」と思われてしまい、
そこでピタッと連絡がこなくなってしまいます。

自分と相手との距離感・話の流れを
ぶった切って打診していないか?など
考慮した上で打診しましょうね。

今回は、少しLINEへの移行に時間を
要しましたが、
LINEへの移行がなんとかできました。

私はLINEへの移行=電話するなのですが、
OLさんから「電話はちょっと」
みたいにやんわりこの時は断られてしまったのです。

電話をすることで色々メリットが得られるのですが
そのメリットが得られない。

そういった場合は早くデートの日取りを取り付けて
会うほうが効率がいいです。

デートの日取りを1週間後に取り付けられたので
一安心しました。

のちのち聞くと
「初めてのマッチングアプリ初めて会う人が
つのけんさんで、ちょっと警戒してた」と。

マッチングアプリって
やり始めた女性はやっぱり少し
怖かったりとかするので
こうゆう時は無理に電話を推し進めない方がいいです。

このとき反省点としては
メッセージだけでももっと安心感を与えられるような
話を展開する必要があった、ですね。

ある程度の安心感は与えられているから
結果的に会ってくれたのですが、
マッチングアプリという初めてのアプリの
怖さ払拭できるぐらいの安心感を
与えてスムーズな電話移行ができれば一番よかったと思います。

誰でも初めてのときは怖いものですからね。

実際にデートには結果的に行けて
カフェ巡りが好きということで
最初のカフェは予約していったのですが、
周辺にもよさそうなカフェが
あったのを事前に調べておいたので
移動したりしながらデートを楽しみました。

デート終わった後のLINEでは
「アプリで初めて会った人がつのけんさんでよかった。
 凄い楽しかったよ。」

と言ってもらって無事成功して終わりました。

まとめ

・状況に応じてLINEの打診は慎重に
・相手の趣味を理解しての店選び