マッチングアプリ攻略

こんなマッチングアプリのプロフィール写真はモテない!

どうも、つのけんです。

今回は、プロフィール写真で
いいね!が貰いづらい
NG例を紹介していきます。

先日、良いプロフィール写真の撮り方やどんな写り方が良いか?
こちらの記事で書いてるので、是非参考にしてみてください。
モテる!マッチングアプリのプロフィール写真

この記事みれば
良い撮り方が分かるから
悪い例は知らなくても大丈夫だよ。

と思うかもしれません。

悪い例を知っている事で
自分の写真が本当にいいものなのか?
考えより精度の高い
写真を撮る事ができます。

写真を撮る際に
細かく悪い例をしっておけば
気を付け注意できることが出来ますし
今現在設定している写真が
悪くないのか?判断の材料にできるので
悪い例も参考にして
良いプロフィール写真を撮りましょう。

良くないプロフィール写真

顔が写ってない写真

顔が写っていない写真では
情報量が少なく
顔の印象が大事なマッチングアプリでは
マッチング率は低くなってしまうため
可能であれば
顔が写ったものがいいでしょう。

自撮り


絶対やめましょう。

自撮りをしていると
「ナルシストそう」「友達いなさそう」とか
寂しい人とか思われ
マイナスなイメージばかりが先行してしまいます。

良くありがちな自撮りパターンで
鏡越しの自撮りも良くないので
気を付けてくださいね。

女性が写っている写真

これはチャラくなくても
チャラくみえてしまいます。
「この人女遊び結構してるんだ」とか
勝手に思われてしまいます。

母親との2ショットなんて駄目ですよ。
マザコンの印象しか与えません。

キメ顔

これもナルシスト感がでてしまい
よくありません。

とにかくかっこよくとりたいという気持ちは
大事ですが、あくまで自然体が大事です。

加工アプリを使用したもの

加工すれば、いいね!は
もしかしたら、増えるかもしれませんが
いいね!が欲しいわけではなく、
その先を見据えているため
実際に会って相手に幻滅されないためにも
加工アプリの使用はやめましょう。

いいね!をもらうことが目的ではないので。

証明写真

仕事感が強く、堅苦しく冗談が
通じなさそうなどのイメージを持たれやすいので
やめましょう。

顔が隠れている写真

顔が隠れてしまっていると
自信がないのかな?とか
眼だけじゃ判断できないとか
そういう風に思われてしまい
敬遠されがちです。

登録してる写真が1枚

登録している写真が1枚だと
情報量が少なく
不十分になりやすいです。

最低でも3~4枚はのせましょう。
例としては、
・趣味をしている写真
・カフェなどいい雰囲気でとった写真
・全身が写っている写真

すべて顔が見える形でのせましょう。

まとめ

NG例
・自撮り
・女性が写っている写真
・決め顔
・証明写真
・顔が隠れている
・登録している写真が少ない